冷凍カニ通販で失敗 「安物買いの銭失い」になった体験談

カニ通販

3年前、ネットのカニ通販で、失敗しました。

家族そろってカニが好きなので、たまには贅沢をしようと思い、
カニ通販サイトでカニを購入することにしました。
カニ通販サイトをネットでいろいろ調べていると、
「冷凍ズワイガニのむき身 正味1キログラムで5000円ポッキリ」という、
他のものに比べるとはるかにお得な商品が目につきました。
「めったにないことだから何も安いものじゃなくても、たまには贅沢しよう」とは思うものの、
元来の倹約性分がうずき始め、
「今の時代だから、そんな変なものは売ってないだろう、きっとおいしいに違いない」
と自分を納得させ、そちらを購入することにしました。

商品を注文してから、自宅に届くまでは本当にワクワクしていました。
家族にも「美味しいカニを買ったから、楽しみにしててねえ」と言い、
私自身も、「てんぷらもいいし、フライもいいし、
バター焼きもおいしそう、雑炊も出来るし、グラタンにも挑戦してみよう」などと、
夢見て、自宅に届く日を待ちわびていました。

そして、ある日、ついに待ち焦がれていた「カニのむき身」が自宅に届きました。
その日に届くと事前に知っていたので、
「ピンポーン」とインターホンが鳴った瞬間、
私は喜び勇んで玄関に向かいました。

イヤな予感が

けれど、宅配の配達員の方が持っていた荷物を見たその瞬間、
私の喜びは失せて、そして何だかちょっとだけイヤな予感がしました。
なぜなら私が思っていたよりも、カニを入れたその箱が小さかったのです。
それでも、箱を受け取って見ると、結構重さがあったので、私はちょっとだけ安堵しました。
そして届いたカニをキッチンへ運び、早速開けてみることにしました。
箱を開けて、私はビックリしました。

やはりイヤな予感は当たっていました。
確かに箱の中にはズワイガニと思われる冷凍したカニが1キログラム近くは入っているようでした。
けれど、その大きさというのが、はっきり言ってネットで見たようなものではありませんした。
と言うのも、とにかく一つ一つが小さいのです。
一番大きなもので、人間の親指くらいのもので、あとはほんとに、
小指の大きさにも満たないようなものがびっしりと入っていました。
あのホームページで見た、口を頬張って食べるようなそんなカニは一つもありませんでした。

安物買いの銭失い

「安物買いの銭失い」とは、よく言ったものです。
「失敗した」私はがっくり肩を落としました。
楽しみにしていた家族にも申し訳なく、どう説明しようと思っていましたが、
思いのほか皆、笑って許してくれたので、安心しました。

その「指の大きさほどのカニのむき身」ですが、解凍すると、
冷凍の状態の時よりますます小さくなり、夢見ていたてんぷらやバター焼きなどは、
当然出来ませんでしたので、ほぐしてクリームコロッケにしたり雑炊にして食べたりしました。
カニ本来の味は美味しかったので、そこだけは救いでした。
次回は失敗しないためにも、価格だけにとらわれないようにしたいと思っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事